ここから本文です

綾野剛は「勇猛果敢、大胆不敵な人」 心理評論家が分析

クランクイン! 6月16日(木)10時30分配信

 映画『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)に出演する俳優の綾野剛が15日、バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。綾野は小心者かどうかの診断を受け、正反対の「勇猛果敢、大胆不敵な人」という評価を受けていた。

【関連】「綾野剛」フォトギャラリー


 心理評論家より、番組の出演者であるマツコ・デラックス、明石家さんま、磯野貴理、ブラックマヨネーズの二人を、信用できる人順に並べよという課題を与えられると、綾野は筆頭にマツコ・デラックス、次点に明石家と続ける。その理由を問われると「人間力ですね。信用=人間力」とコメント。

 そのコメントにブラックマヨネーズの吉田敬をはじめ残りのメンバーは「ますます最下位になれないな」と緊張、結果的に最下位になったのは、ブラックマヨネーズの小杉竜一。その結果に少しふてくされるような表情を見せていた小杉だったが、綾野はその理由を「信用自体があまり意味を成さないというか、どちらかというと信頼の方がしっくり来ますね。それって安心感だと思っていて、最後に止めとして小杉さんがいることによって、最大の安心感があるんです」と最下位にもかかわらず予想外のホメ言葉をコメントしていた。

 家に掛けたカギを、もう一度確かめに戻るか?という問いに「まずないです」と即答した綾野に対し、評論家陣の判定は、小心者とは正反対の「勇猛果敢、大胆不敵な人」という評価。しかしこの日の番組出演に際して綾野は「前回は出演前に事前打ち合わせがあったんですが、今回は全く無いので戦々恐々としているんですけど」と判定を覆す小心者ぶりを語り、笑いを誘っていた。

最終更新:6月16日(木)10時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。