ここから本文です

Rソックス、上位対決制し首位再浮上! S.ライトが5連勝、田沢は1失点

ベースボールキング 6/16(木) 11:29配信

○ レッドソックス 6 - 4 オリオールズ ●
<現地時間6月15日 フェンウェイ・パーク>

 ア・リーグ東地区2位のレッドソックスが、先発S.ライトの好投もあり首位攻防第2ラウンドに勝利。再び同地区首位のオリオールズに並んだ。

 レッドソックスは2回、8番ショーの適時二塁打で先制。続く3回は3番ボガーツ、4番オルティスの連続適時打で3-0としたあと、5番ラミレスが特大の5号3ランを放ち一気に6-0とリードを広げた。

 ナックルボーラーの先発・ライトは、初回からオリオールズ打線を翻弄。7回に1番ジョーンズに2ランを浴びたが、6回までスコアボードにゼロを並べた。

 6-2の8回、一死から四球を与えたところでライトは降板。2番手の田沢は先頭の5番トランボを右飛に仕留めたが、続くウィータースに右線への適時二塁打を浴びた。さらに、7番スコープにも右前適時打を許し6-4。一発が出れば同点となる状況を迎えたが、8番リカードは左飛に打ち取った。

 田沢は2/3回を投げ、2安打1失点の内容。苦手のオリオールズ戦でまたも失点し、防御率は3.16となった。

 それでも2点リードの9回は、守護神のキンブレルが3人でピシャリ。8回途中3失点のライトは5連勝で今季8勝目(4敗)。最後を締めたキンブレルは15セーブ目(2敗)を手にした。

BASEBALL KING

最終更新:6/16(木) 11:44

ベースボールキング