ここから本文です

二刀流でもいける!? オリ投手陣がバットで快音

ベースボールキング 6月16日(木)17時50分配信

オリ投手陣の打撃が好調!?

 いよいよ佳境を迎えつつある交流戦。今年もパ・リーグがセ・リーグ相手に「貯金」を作っているが、そんなパ・リーグで唯一、勝率5割を切っているのがオリックスだ。しかし、そのようなチーム状況のなかで、投手陣が“意外”な活躍を見せている。

 交流戦では、普段は打席に立たない「パ・リーグ投手陣の打撃」が話題にあがることもあるが、そのパ・リーグ投手陣の中で、オリックス投手陣が奮闘しているのだ。

 15日の阪神戦、2回表二死1、2塁、バッターボックスには、この日の先発・松葉貴大。青柳が投じた142キロのストレートをライト前にはじき返し、5回表に回ってきた2打席目には、2ストライクをとられて追い込まれたあとの4球目をセンター前に運んだ

 実は松葉、東洋大姫路高校時代、1年の時に肘を痛めて野手に転向。3年春には2番ライトで選抜に出場し、ベスト4進出に貢献した。その後、野手として大阪体育大学に進学。大学時代、投手へ再転向したが、しばらくの間は野手として活躍していた経歴も持っている。

 しかし、松葉だけではない。ヤクルト戦では、3日に東明大貴が2打数1安打1打点、5日にはディクソンが3打数2安打3打点の活躍。14日の阪神戦でも、西勇輝が2打数1安打だった。

 交流戦でのオリックス投手陣の打撃成績は、11打数6安打4打点の打率.545。これには、ネット上に「DH放棄してもいいんじゃない」、「二刀流いける」、「オリックスの投手打撃強すぎ」といった声がちらほら…。交流戦だけにとどめておくのはもったいないくらいの数字だ。

 そうはいっても、相手バッテリーの警戒度が低いとう側面もある。二刀流で活躍する日本ハム・大谷翔平のようなバッティングを見せる選手はそうそういない。当然、交流戦だけのお楽しみになるが、だからこそ残り4戦、オリックスの投手の“打撃”に注目するのも面白そうだ。

BASEBALL KING

最終更新:6月17日(金)14時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]