ここから本文です

フランスが決勝T進出一番乗り…グリエスマン決勝弾で堅守アルバニアを撃破

SOCCER KING 6月16日(木)6時3分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2節が15日に行われ、グループAでフランス代表とアルバニア代表が対戦した。

 ディミトリ・パイェの劇的決勝ゴールでルーマニアを破り開幕戦を制したフランス。勝てばグループステージ突破が決まる今試合で2連勝を狙う。先発メンバーは初戦から2名変更。アントワーヌ・グリエスマンとポール・ポグバが外れて、アントニー・マルシャルとキングスレイ・コマンが入った。

 一方、初出場のアルバニアは、スイスを相手に善戦したものの、主将DFロリク・サナの退場が響き黒星スタート。初戦で見せた組織力で、フランス相手に金星を目指す。スタメンは初戦から3名変更。出場停止となったサナの代わりに、DFアルリンド・アイエティがスタメンに名を連ねた。

 試合は、フランスの攻勢が予想されたが、アルバニアの徹底した守備に苦しみ、なかなかチャンスを作ることができない。4分、右サイドでFKを得たフランスは、パイェのボールを中央のオリヴィエ・ジルーが頭で合わせるが、シュートはクロスバー上。36分にも右サイドのFKで、再びパイェのボールからジルーがヘディングシュートを放つが、これも枠を捉えられなかった。

 一方のアルバニアは39分、左CKでレディアン・メムシャイが低目のボールを送る。中央に走り込んだエルミル・レニャニがダイレクトシュートを放つが、パトリス・エヴラのブロックに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 フランスは、後半に向けてマルシャルを下げてポール・ポグバを投入。すると攻撃が活性化され、後半開始直後から攻勢に出る。46分、ジルーが右サイドからクロスを供給。ニアサイドでブレーズ・マテュイディが頭で触り、ファーサイドへ流れたところにコマンがヘディングシュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。

 アルバニアは52分、右サイドのエルサイド・ヒサイがアーリークロスを入れると、ボールは競り合いの中でバカリ・サニャに当たりゴール方向へ。だが、これは右ポスト直撃でゴールとはならない。攻撃の勢いを増すフランスは54分、パイェが右サイドからアウトサイドでクロスを入れると、ファーサイドでフリーのポグバが右足で合わせるが、枠を捉えられなかった。

 さらに67分、コマンの左サイドからのクロスを、中央のジルーが頭で合わせるが、シュートは枠の右。68分には、コマンに代えてグリエスマンをピッチに送り出す。直後の69分、左サイドのエヴラからのクロスに、再びジルーがヘディングシュートを放つが、惜しくも左ポストに弾き返された。

 猛攻を見せるフランスは90分、ついにアルバニアの堅守を破る。アディル・ラミの右サイドからのクロスに、中央でフリーとなったグリエスマンが頭で流してゴール左隅に沈めた。

 これで勢いに乗ったフランスは後半アディショナルタイムにも、カウンターからダメ押しゴールを挙げる。パイェがエリア内左から中央へ切り込み、右足シュートをゴール右隅に突き刺して2戦連発。直後に終了のホイッスルが鳴り、フランスが2-0で勝利を収めた。

 グループA唯一の2連勝となったフランスは勝点を「6」に伸ばして、グループステージ突破が決定。一方のアルバニアは終了間際に力尽き、2連敗でユーロ初の勝点を逃した。

 次節、フランスは19日にスイスと、アルバニアは同日にルーマニアと対戦する。

【スコア】
フランス代表 2-0 アルバニア代表

【得点者】
1-0 90分 アントワーヌ・グリエスマン(フランス)
2-0 90+6分 ディミトリ・パイェ(フランス)

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)7時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報