ここから本文です

大波乱のコパ・アメリカで輝く選手たち…GSベスト11に選ばれたのは?

SOCCER KING 6月16日(木)7時50分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016は14日にグループステージが終了し、16日(日本時間17日)からいよいよノックアウトステージに突入する。

 ブラジル代表とウルグアイ代表の敗退、ラモン・ディアス監督(パラグアイ)とドゥンガ監督(ブラジル)の退任など、様々なことが起こったグループステージのベストイレブンを、ペルー紙『エル・コメルシオ』の電子版が選定した。

▼GK
ペドロ・ガレセ(ペルー代表)
「ブラジル戦では神懸かり的なセーブを連発し、チームを敗退の危機から救った」

▼DF
ラファエル・マルケス(メキシコ代表)
「ベテランらしい、非常に強固な守備を見せた」

ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン代表)
「スピード、判断力、対人の強さ。今のアルゼンチンに彼を超えるDFはいない」

アルベルト・ロドリゲス(ペルー代表)
「今大会で卓越したプレーを披露。エクアドル戦での1失点目でのミス以外は完璧」

▼MF
アレハンドロ・ゲラ(ベネズエラ代表)
「中盤でチームのために奮闘。ウルグアイ戦でのロングシュートは惜しかったが、FWサロモン・ロンドンが先制点に変えてくれた」

エドウィン・カルドナ(コロンビア代表)
「コロンビアの頭脳。まさにチームの要」

ヘスス・コロナ(メキシコ代表)
「テクニックとスピードはまさに制御不能。左サイドからの仕掛けは見事だ」

アルトゥーロ・ビダル(チリ代表)
「いつものように、たった1人でゲームを支配。攻め、守り、ゴールまで決めた」

クリスティアン・クエバ(ペルー代表)
「持ち前のテクニックを武器に何度も攻め上がった。エクアドル戦のゴールは見事」

▼FW
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
「ハットトリックを決めるのに、必要なのはわずか数分間。3試合いずれも先発から外れたが、世界最高であることを証明した」

エネル・バレンシア(エクアドル代表)
「広範囲を動き回って効果的なプレーを見せた。ペルー戦では素晴らしいゴールを決めている」

▼監督
ラファエル・ドゥダメル(ベネズエラ代表)
「ウルグアイを撃破するなど、素晴らしい指揮を披露。堅守も見事だ」

 以上がベストイレブン&最優秀監督の顔触れ。グループステージ敗退となったブラジルやウルグアイからは1人も選ばれず、また選出された面々も納得の顔触れと言えるのではないだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)7時50分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報