ここから本文です

クロース弟、独代表の兄を絶賛「トニの獲得には143億円とポグバが必要」

SOCCER KING 6月16日(木)9時3分配信

 ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンに所属するMFフェリックス・クロースが、ドイツ代表の中心メンバーとしてユーロ2016に出場している兄、MFトニ・クロースを絶賛している。

 ドイツ誌『スポーツビルト』によると、弟フェリックスは実の兄であるトニのプレーについて、「素晴らしいの一言だ。彼は存在感があり、そして試合を決定づける選手だよ。チームメートはいつも彼を探してパスを出している。個人的には、トニこそが世界でベストのボランチだ」とコメントしたという。

 またユヴェントスが、フランス代表MFポール・ポグバを“重要な選手”として表現する際、クロースを引き合いに出したことについては、「ユヴェントスが『レアル・マドリードにポグバを売るのであれば、1億2000万ユーロ(約143億円)とトニ・クロースをセットでもらわなければならない』と言ったことを最近記事で見かけた。しかし僕は『え?なんだって?』と言いたい」と反論。「それは真逆だよ。トニを獲得するためには、1億2000万ユーロとポグバをセットにしなければね」と話した。

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)9時21分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。