ここから本文です

ハムシクを絶賛するスロヴァキア指揮官「もっと大きなクラブでやれる」

SOCCER KING 6月16日(木)14時33分配信

 15日に行われたユーロ2016・グループステージ第2節でロシア代表を2-1と下し、大会初白星を挙げたスロヴァキア代表。試合後、ヤン・コザーク監督は決勝ゴールを叩き込んだMFマレク・ハムシク(ナポリ)に賛辞を送った。UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 32分にヴラディミール・ヴァイスの先制ゴールをアシストしたハムシクは、前半終了間際の45分、左CKから短いパスを受けると、ドリブルでエリア内に侵入し右足を一閃。強烈なシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。スロヴァキアはその後1点を返されたものの、このまま逃げ切り歴史的な1勝を挙げた。

 コザーク監督は試合後、「マレク・ハムシクは長い間、スロヴァキア代表で高いレベルのプレーを見せていた。このチームのリーダーであり、今日のパフォーマンスは並外れたものだったね。何度もディフェンス陣を助け、美しいゴールも決めた」と殊勲のハムシクを絶賛。

「彼が今大会のトップ選手になれるほど、このチームが勝ち上がれるかどうかはわからない。ただ、彼はナポリで人間としてもサッカー選手としても成熟した。今なら、もっと大きなクラブでもやっていけるに違いない」と続け、2007年からプレーするナポリで成長を遂げた同選手が、ビッグクラブでも活躍できると主張した。

 初白星を挙げたスロヴァキアは2試合を終えて1勝1敗の勝ち点「3」。20日にグループステージ最終節でイングランド代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)14時33分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。