ここから本文です

C・ロナウドを探せ? ユーロ初戦のパフォーマンスにSNS上で批判集まる

SOCCER KING 6月16日(木)16時51分配信

 ユーロ2016大会5日目。グループステージ初戦の最終試合に、満を持してFWクリスティアーノ・ロナウドが登場した。

 ポルトガル代表はアイスランド代表と激突。アイスランドはユーロ初出場であり、レアル・マドリードのスーパースターを擁するポルトガルが優勢と見られていたが、1-1の引き分けに終わっている。

 エースのC・ロナウドはもちろん先発出場。しかし、90分間プレーしたものの不発に終わると、SNS上では「クリスティアーノ・ロナウドはどこへ行った?」といった以下のような投稿が相次ぎ、話題となっているのだ。

「探しています! 名前:ロナウド。ポルトガルの試合でウォーミングアップしている所が最終目撃で、それ以降は見かけていません」

「尋ね人:アイスランド戦の前にウォーミングアップしていたのが最終目撃です」

「クリスティアーノ・ロナウドは(移籍金)8000万ポンド(約117億円)。アイスランドの23選手合計(1940万ポンド=約28億円)の4倍以上。正直、驚きだ」

 なお、データ会社『Opta』によれば、アイスランド戦のC・ロナウドは10本のシュートを打ったものの、枠内シュートはわずかに1本だったとのこと。

 チャンピオンズリーグのファイナルでもあまり調子の良くなかったC・ロナウド。ビッグトーナメントを前にシーズンの消耗が影響しているのかもしれない。

 しかし、おそらくこれらの批判的な声には本人も気づいているだろう。今大会随一のスーパースターとして次の試合で巻き返してくれるはずだ。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)16時51分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。