ここから本文です

神戸に新戦力、MFニウトンが完全移籍加入…背番号は10に決定

SOCCER KING 6月16日(木)18時1分配信

 ヴィッセル神戸は16日、インテルナシオナウに所属するブラジル人MFニウトンの完全移籍加入を発表した。背番号は「10」に決まった。

 ニウトンは1987年生まれの29歳で、身長185センチメートルの大型ボランチ。コリンチャンスの下部組織出身で、2005年にトップチームでデビューを果たした。2009年からはヴァスコ・ダ・ガマ、2013年からはクルゼイロ、2015年からはインテルナシオナウと名門クラブを渡り歩いてきた。

 加入にあたり、ニウトンは以下のようにコメント。なお同選手は16日からチームに合流している。

「この度、新加入したニウトンです。新しい扉を開き、チャンスをくれたヴィッセル神戸に心から感謝しています。サポーターの皆さんには12番目の選手として、我々を支え、後押ししてください。チームに貢献できるように全力を尽くします」

 神戸は明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第15節終了時点で5勝5分け5敗、勝ち点20で暫定9位。次節は18日、鹿島アントラーズをホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:6月16日(木)18時1分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。