ここから本文です

[関東]4人で4発の明治大が首位で前期折り返す、国士舘大が9戦ぶり勝利で専修大が降格圏転落:第11節

ゲキサカ 6月16日(木)10時30分配信

第90回関東大学リーグ1部

 第90回関東大学リーグ1部の第11節が11、12日に各地で行われた。首位に立つ明治大は4人で4得点を奪い、日本体育大に4-0の完封勝利。首位の座をキープし、前期リーグ戦を終えた。また今節では流通経済大が4節ぶりに降格圏を脱出。専修大が降格圏の11位に順位を下げた。

 後期の明治とは言わせない。前期リーグを7勝3分1敗で終えた明治大が首位の座をキープしている。総得点数ではリーグトップの24得点、総失点は12校中3番目に少ない11失点。攻守噛み合い、結果がついてきている。

 前期最終節では日本体育大と戦い、4-0で勝利した。故障から復帰の10番・FW木戸皓貴(3年=東福岡高)の3戦連発弾で前半4分に先制。1分後には得点ランクトップのFW丹羽詩温(4年=大阪桐蔭高)のゴールで2-0に差を広げた。

 同13分にはDF岩武克弥(2年=大分U-18)の得点で3-0に突き放す。後半9分には岩武のアシストからMF土居柊太(3年=浜松開誠館高)がゴール。4人で4得点を挙げての完勝で勝ち点3を加えた。

 今季は開幕節、第2節の終了時には首位に立っていたものの、その後に3戦勝ちなし(2分1敗)と結果がついてこない時期もあった。それでも敗戦は1試合に留め、最低5位で踏みとどまると勝ち点を積み重ね、前期ラスト4節は4連勝で首位をキープ。8戦負けなし(5勝3分)の4連勝で、今後は総理大臣杯・関東予選を迎える。

 首位・明治大を追う上位陣は軒並みドロー。2位の筑波大は早稲田大と1-1で引き分け、3位の法政大は4位の順天堂大と2-2。5位の慶應義塾大は10位の駒澤大と2-2で引き分けた。

 筑波大は後半25分に先制し、後半31分には早稲田大GKが一発退場。数的有利に立ったものの、後半39分に失点しての悔しい引き分け。首位と勝ち点5差に広げられた。

 早稲田大は7戦勝ちなし(3分4敗)の9位で前期をフィニッシュ。低迷中のチームは、前節に引き続きU-19日本代表GK小島亨介(2年=名古屋U18)がゴールマウスを守ったが、その小島が0-1の後半に一発退場。10人で追いついたが逆転はならなかった。

 流通経済大は0-2からの4発逆転で桐蔭横浜大に4-2で勝利。4戦ぶりの白星で一気に降格圏・11位から7位へ浮上を果たした。

 専修大は先制したものの、国士舘大に2-3の逆転負け。3戦勝ちなし(1分2敗)で今季最低の11位へ転落。まさかの降格圏で前期リーグを折り返すことになってしまった。国士舘大は10番FW松本孝平(4年=藤沢清流高)の1得点1アシストなどで、9戦ぶりの今季2勝目。残留圏・10位と勝ち点5差に縮めた。

 なお、個人では得点ランキングトップに計8点で明治大の丹羽が立っており、アシストランキングでは計6アシストで明治大のMF道渕諒平(4年=仙台ユース)が1位となっている。

【前期第11節】(6月11日)
[川口市青木町公園総合運動場市青木町公園総合運動場]
明治大 4-0 日本体育大
[明]木戸皓貴(4分=補・道渕諒平)、丹羽詩温(5分)、岩武克弥(13分)、土居柊太(54分=補・岩武克弥)

流通経済大 4-2 桐蔭横浜大
[流]日高大(45分+3)、小野原和哉(56分=補・日高大)、安芸銀治2(65分&75分=補・日高大)
[桐]劔聖矢(5分=補・石川大地)、浅川隼人(10分)

(6月12日)
[味の素スタジアム西競技場]
国士舘大 3-2 専修大
[国]松本孝平(42分=補・大石竜平)、信末悠汰(44分)、谷村海那(76分=補・松本孝平)
[専]氣田亮真(2分)、下田悠哉(80分=補・大西拓真)

慶應義塾大 2-2 駒澤大
[慶]豊川功治(6分=補・望月大知)、山本哲平(79分=補・松木駿之介)
[駒]伊勢渉(55分=補・児玉卓也)、大村英哉(64分)

[佐倉市岩名運動公園陸上競技場]
順天堂大 2-2 法政大
[順]米田隼也(61分)、名古新太郎(90分=補・米田隼也)
[法]柳沢拓希(69分)、山田将之(81分=補・長倉颯)

早稲田大 1-1 筑波大
[早]小林大地(84分)
[筑]中野誠也(70分=補・北川柊斗)

最終更新:6月16日(木)10時30分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]