ここから本文です

太もも負傷のポーランドGKシュチェスニ、ドイツ戦は欠場へ

ゲキサカ 6月16日(木)16時0分配信

 16日にドイツ代表との大一番を迎えるポーランド代表は守護神のGKボイチェフ・シュチェスニを欠いて臨むことになりそうだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 EURO2016でC組に入っているポーランドは12日、北アイルランド代表と対戦し、1-0で勝利したがシュチェスニはこの試合で太ももを負傷。チームを率いるアダム・ナバウカ監督は「明日(16日)の試合にシュチェスニは出場しない。チームドクターと話し合い、決定したことだ」と明かしたという。

 初戦で白星をつかんだポーランドは勝ち点3でドイツと並んでいるが、得失点差で下回り、現在C組2位。ドイツとは直近20試合でわずか1勝と圧倒的に分が悪い。グループリーグ突破を占う大一番を前にさらなる逆風に見舞われることとなった。

最終更新:6月16日(木)16時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。