ここから本文です

注目の英国ダービーがEUROで開催! ホジソン「相手の方がプレッシャーが小さい」

ゲキサカ 6月16日(木)17時5分配信

 注目の“バトル・オブ・ブリテン”がEUROで開催される。イングランド代表のロイ・ホジソン監督も、「イングランドと英国、ともすると世界中のたくさんの人々がこの試合を楽しみにしている」と興奮を隠しきれない。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが同監督のコメントを伝えている。

 グループBのイングランドは16日に第2節でウェールズと対戦する。メジャー大会では初対戦で過去の成績では101回の対戦で66勝21分14敗と大きく勝ち越しているが、ウェールズはEURO初出場で、初戦のスロバキア戦を制すなど決して侮れない。指揮官は、「このダービーの雰囲気は最高だ。イングランドと英国、ともすると世界中のたくさんの人々が、この試合を楽しみにしている。兄弟対決ということで試合にスパイスが加わり、関心が高まっている。それは私にとって歓迎すべきことであり、盛り上がるに越したことはない」と待ちきれない様子だ。

 現在グループBは、ウェールズが勝ち点3で首位。第2節をすでに消化したスロバキアも勝ち点3で2位につけ、3位イングランドと4位ロシアは勝ち点1となっている。「相手は我々の選手をよく知っている。下馬評は下馬評であり、ピッチ上でのアクションとは別物だ。勝たなければならないというプレッシャーは、相手のほうが小さいと思う。というのもすでに1勝していてあと2試合ならば、通常はもう1試合勝てば、その瞬間に突破が決まるからだ」と厳しい戦いになると予想した。

最終更新:6月16日(木)18時13分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。