ここから本文です

101回の対戦でわずか14勝…イングランドと分が悪いウェールズ

ゲキサカ 6月16日(木)18時15分配信

 ウェールズ代表は16日にグループリーグ第2節でイングランド代表と対戦する。クリス・コールマン監督は「準備はできている」と意気込んでいる。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

 EURO初出場となったウェールズは11日のスロバキアとの初戦を制し、グループ首位に立っている。第2戦はグループリーグで最も注目を集めるイングランド戦だ。過去、両チームは101回対戦しているが、ウェールズは14勝21分66敗と大きく負け越している。

「準備はできている」と語るウェールズ指揮官は「重要なのは自分たちのサッカーができるかどうかだ。どうせ勝ち上がるなら自力で決めたい。この試合は我々にとって大きな試練であり、大きな挑戦だ。勝てば突破が決まるが、勝てなくても可能性はまだある。今回は特別なことをするチャンスだ。自信を持って臨むべきで、ネガティブに考えている場合ではない」と意気込む。

 対戦するイングランドは初戦で引き分けに終わり、2戦目での勝利に燃えている。「私はイングランドのことよりも自分の運命を気にしている。特別な試合ではないが、だからといってイングランドに敬意を払っていないわけではない。とにかく雰囲気に飲まれないようにしなければならないので、私としては選手たちを落ち着かせ、集中させるつもりだ」と対策を明かした。

最終更新:6月16日(木)18時15分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。