ここから本文です

<中村アン>「苦手な片付け克服したい」 3メートルの壁を登る

毎日キレイ 6月17日(金)21時21分配信

 モデルでタレントの中村アンさん(28)がこのほど、東京都内で行われたスポーツ用品ブランド「Reebok(リーボック)」が主催する障害物レースのイベント「Reebok FITNESS BATTLE RACE(リーボック フィットネス バトルレース)」の記者発表会に出席。4人1組で壁などのさまざまな障害をクリアしていくレースになぞらえ「今、乗り越えたい壁」について聞かれると「片付けがすごく苦手で、片付けができない人は仕事ができないと聞いたので、30代になる前に苦手な片付けを克服したい」とコメントした。

【写真特集】中村アンが美ボディー披露 チームで3メートルの壁を超える!

 また「これから挑戦したい壁」を聞かれると、「25歳からバラエティ番組に出るようになって、ある程度、覚悟はしていたけど不安はありました。でも、28歳くらいで今1つ壁を乗り越えた感じがあります。ドラマの仕事もさせていただくようになり、今までとは環境が変わって違う“壁”が見えつつあるので頑張りたいです」と語った。

 「リーボック フィットネス バトルレース」は、10月1日にバトルレースパーク(千葉県袖ケ浦市・東京ドイツ村内)で初めて開催される。イベントのために作られた約5キロのコースに、高さ約3メートルの壁などが設置され、参加者は4人1組でゴールを目指す。現在公式サイトで参加を受け付けており、参加費用は4人1組で2万4000円。7月27日までは「早割」として、4人1組で1万6000円となる。

 この日、中村さんは、同ブランドのアンバサダーを務めることから会見に出席。この日、実際のレースにも登場する約3メートルの巨大な壁に挑戦し、4人1組のチームで力を合わせてクリアしていた。

最終更新:6月17日(金)21時23分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。