ここから本文です

【速報】『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』“歌うボス”のゲームプレイ映像が公開!【E3 2016】

ファミ通.com 6月17日(金)4時1分配信

文:編集部 杉原貴宏

●『NieR:Automata』のバトルの魅力が凝縮
 現地時間2016年6月14日~16日の3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大級のゲーム見本市・E3 2016。同イベントの3日目、スクウェア・エニックスブースで配信されているライブ番組“Square Enix Presents E3 2016”内プログラム“NieR: Automata Discussion with the Developers and PlatinumGames' Takahisa Taura”にて、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のE3 トレーラーにも登場している、“歌うボス”のゲームプレイ映像が公開された。

[関連記事]
『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』2017に発売決定! E3 2016トレーラーも公開


 同映像では、『NieR』らしい美しい音楽をバックに、“歌うボス”による赤い弾幕(ファンからはイクラと呼ばれることが多い)を避けたり、足下のレーザーをジャンプして飛び越えたり、頭上から降り注ぐ多数のミサイルから逃れたりといったバリエーション豊かな攻防が収録されており、『NieR:Automata』のボスバトルの魅力の一端が垣間見れる内容となっている。

 齊藤陽介プロデューサー、ヨコオタロウディレクター、そしてプラチナゲームズのゲームデザイナー田浦貴久氏も登場した番組の内容は後ほどお届けする。


----------

 取材の合間を縫って、ちょいちょい追記していきます。

■レジスタンスキャンプが初公開
 レジスタンスキャンプが初公開。ここでは武器やアイテムなどが購入可能!? ちなみに、武器の強化など、前作からのシステムは導入されているそう。NPCは人間……なのか!?

■雑魚敵のバリエーションもさまざま
■フィギュアも作成中とのこと!

最終更新:6月17日(金)4時40分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。