ここから本文です

電通など4社、スマホアプリのログから実店舗までのデータを統合し、LTV最大化を実現するCRM開発

MarkeZine 6月17日(金)12時50分配信

電通など4社、スマホアプリのログから実店舗までのデータを統合し、LTV最大化を実現するCRM開発

「Growth Edge」のイメージ

 電通、電通イーマーケティングワン(7月1日より電通デジタルに合流)、シロク、マルケトの4社は、スマートフォンアプリから実店舗までの複数チャネルを結び付け、多様なデータの分析から運用までをワンストップで実現するCRMソリューション「Growth EdgeTM」を共同開発し、6月17日より提供を開始した。

「Growth Edge」のイメージ 「Growth EdgeTM」は、アプリのアクセスログなどの行動情報や、ユーザーの属性情報をマーケティングオートメーションのスコアリングに反映させることで、より精緻な情報配信とコンテンツレコメンドを実現し、ブランドへのユーザー体験の向上と顧客生涯価値(LTV)の最大化を達成する。

 同ソリューションは、マルケトの「Marketo」とシロクの「Growthbeat」をシームレスに結合させ、電通グループのマーケティングおよびデジタルCRMのノウハウを融合させたもの。導入の際には、顧客のマーケティングオートメーションに必要な戦略策定と初期設計に加え、運用・分析に必要なすべてのリソースが提供されるため、ブランドやサービスへのエンゲージメントの向上も期待できる。

 現代マーケティングの最重要ポイントは、ユーザーコミュニケーションの一元化・最適化だ。しかし、チャネル間の連動は、既存のツールでは対応していなかったり、高価なオプションになっていたり、あるいは別々のツールを用いていたりするために実現が難しかった。また、統合的な環境を整えるにはコストや人的リソースの確保という壁もあった。

 今回の取り組みは、これらの課題を解決するためのもの。今後4社は、顧客企業の事業環境やチャネルの状況に応じたカスタマイズを行いながら「Growth EdgeTM」ソリューションを提供していく。

最終更新:6月17日(金)12時50分

MarkeZine