ここから本文です

サムスン電子 アジア太平洋のブランド調査で1位

聯合ニュース 6月17日(金)9時31分配信

【ソウル聯合ニュース】アジア太平洋地域の13カ国の消費者を対象にした企業ブランド調査で、韓国のサムスン電子がトップとなった。

 香港の広告専門誌キャンペーン・アジアパシフィックと調査会社ニールセンが17日までに今年のブランドランキングを明らかにした。

 サムスン電子は2012年から5年連続で首位を守った。キャンペーン・アジアパシフィックは「サムスン電子はブランド認知で最上位だった」と説明した。

 2位はアップル、3位はソニーだった。アップルが前年の4位から順位を上げた一方、ソニーは1ランク下がった。以下、ネスレ、パナソニック、ナイキ、LG、キヤノン、シャネル、アディダスの順。

 サムスン電子は先ごろ米調査会社レピュテーション・インスティテュートが米国の若い世代を対象に実施した企業評価の調査でも首位を記録している。

最終更新:6月17日(金)9時36分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。