ここから本文です

志村けん キラキラネームに苦い表情「読めねぇじゃん」

リアルライブ 6月17日(金)13時36分配信

 15日放送のフジテレビ「志村の時間」でお笑いタレントの志村けんが、昨今流行っているキラキラネームに「読めない」と指摘し、苦い表情を浮かべた。

 トークタイムで、「最近、名前変わってない? 赤ちゃんたちの」と発言した志村。志村の祖母はクマという名前で、志村の祖母世代の女性は名前が2文字の人が多かったという。その次の世代が、「○子」や「○○子」と指摘。

 志村はキラキラネームについて、「漢字が当て字だろうけど、読めねぇじゃん」と苦い表情。そして番組では、キラキラネームクイズが行われた。

 頼音「らいおん」、七音「どれみ」、美音「りずむ」、希星「きてぃ」、皇帝「しいざあ」、大海「おーしゃん」、男「あだむ」、一心「ぴゅあ」、今鹿「なうしか」、黄熊「ぷぅ」、愛保「らぶほ」が紹介されたが、志村は「名前は可愛いけど、読めねぇよな」と若干動揺していた。

最終更新:6月17日(金)13時36分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。