ここから本文です

武部力也の週間為替相場見通し~英EU離脱が1ドル100円攻めを唆す(そそのかす)局面

ZUU online 6/17(金) 19:00配信

■ドル円予想レンジ 100.71-106.40

「英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題では、国民投票の結果が将来の政策を決定する上で考慮する要因となる」-。これは6/16の米連邦公開市場委員会(FOMC)後にイエレンFRB議長が述べた弁だ。

英国のEU離脱に関して、菅官房長官、世耕官房副長官、自民党稲田政調会長、そして黒田日銀総裁は、6/16の政策会合後に「各国と緊密に連携」と表明している。理由は、為替に急激な変動を与える可能性があるからだ。

■再確認。英EU離脱が円に与える影響

6/13に経団連の榊原会長は「イギリスでは日本から1000社を超える企業が事業展開しており、投資額は1兆円を超えている。多くの企業はEUの一員であるからイギリスに投資しており、仮にEUからの離脱が決まってその前提が崩れると、企業の競争力が大きく変わってしまう恐れがある」との見解を示している。

要は、新たな関税発生など英国進出のメリットが低減すれば、進出企業の業績下方修正は勿論、英国撤退もあり得るということだ。日銀の国際収支統計では、2013年末時点で日本から英国への直接投資残高は7兆1379億円。

英国撤退による投資残縮小はポンド売り/円転圧力に繋がる。国民投票の結果は、日本時間で6/24の午前6時頃に判明予定だが、それまでは、各世論調査、思惑がポンドの動きを荒ぶらせることとなろう。

■英EU離脱懸念に翻弄されるドル円見通し

警戒すべきは相関係数 (過去200日6/16終値時点)の観点から、ポンド円/ユーロ円/ドル円が同調連動を強める可能性だ。参院選前の1ドル100円割れは、2013/4の日銀異次元緩和の否定も意味するので、市場警戒度は一層高まるだろう。

セル・ザ・ルーマー/バイ・ザ・ファクト(噂で売って、事実で買う)になる可能性も留意し、ドル円上値は日足一目均衡表雲の帯(108.31-109.99)による圧迫下、6/13-14高値106.41-42ダブルトップ超が課題。越えて6/13高値106.86、6/10高値107.27意識。下値焦点は6/16安値103.60、2014/8/22-28安値圏103.485-545、下押し加速が強まると103円節目割れ2014/8/20安値102.89を想起。

最大リスクとしては同年8/8、7/14安値圏101.405-495、7/10-7/18安値圏101.05-08。そして2011年10月の戦後最安値75.55から15年6月の125.87後の下落「半値(50%)戻し」100.71も覚悟しておきたい。

武部力也
岡三オンライン証券 投資情報部長兼シニアストラテジスト

最終更新:6/17(金) 19:00

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。