ここから本文です

北、コンゴに武器送り軍教官30人を派遣=VOA

WoW!Korea 6月17日(金)10時15分配信

アフリカ・コンゴ民主共和国で北朝鮮製の拳銃が発見され、北朝鮮が特殊部隊の訓練を支援する教官30人をコンゴに派遣したことがわかった。国連安全保障理事会の報告書が、これを公開した。

 17日、米国の声(VOA)によると、国連安保理傘下のコンゴ制裁委員会は、専門家パネル報告書を通して、北朝鮮とコンゴ間の軍事協力状況をこのように指摘した。

 同報告によると、北朝鮮が主に生産してきたものと共通点が多い拳銃をコンゴ軍将校らと国連に派遣されたコンゴ国立警察などが使用中という事実を把握し、調査を始めたという。

 以降、該当拳銃が去る2014年序盤、コンゴ軍将校からコンゴ・マタディの港を通して流入。この時点で、北朝鮮教官30人がコンゴに入国したという証言も確保されたとVOAは伝えている。

 なお、北朝鮮製の武器を輸入、または北朝鮮の教官を招いて自国の軍人を訓練させる行為は、国連安保理の対北制裁決議に違反する。

最終更新:6月17日(金)10時15分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。