ここから本文です

【日本株投資戦略】LINE上場決定!投資好機の関連銘柄はコレ!?

ZUU online 6/17(金) 19:50配信

LINE <3938> の新規上場が承認されました。予定通りならば、東京証券取引所に7/15(金)、NY証券取引所に現地時間7/14(木)と「日米同時上場」になります。報道等では時価総額が6千億円弱に達すると見込まれ、現状では2016年最大規模の新規上場になりそうです。

こうした中、今回の「日本株投資戦略」では特別編として、LINE上場を契機に改めてスポットが当たりそうな「LINE関連株」について再吟味し、ご紹介することにしました。銘柄名やLINEとの関連性など、すでに多くの記事やコメントが出ていますが、株価推移や業績面までも考慮し、投資好機と考えられる銘柄を抽出してみました。

■「LINE上場」と関連銘柄

LINE <3938> の新規上場が承認されました。予定通りならば、東京証券取引所に7/15(金)、NY証券取引所に現地時間7/14(木)と「日米同時上場」になります。報道等では時価総額が6千億円弱に達すると見込まれ、現状では2016年最大規模の新規上場になりそうです。

LINEは売上高1,206億円(2015/12期)を稼ぎ出し、無料通話やトーク、スタンプ等の「コミュニケーション」(前期売上高の24%)、ゲームや音楽などの「コンテンツ」(同41%)、広告事業を展開する「LINE広告」(22%)などに展開しています。

PCをベースとするインターネットでは「検索」がポータルの役目を果たしましたが、スマホやタブレットではLINEが提供する各種サービスがインターネットの入り口になるケースも多いようです。

表1はおもな「ライン関連銘柄」を、やや網羅的にご紹介したものです。LINEという「場」で多くの企業がコンテンツやサービスの提供を行っていることがご理解いただけると思います。LINEの新規上場前にとどまらず、上場後も同社の株価によっては、市場でこれらの銘柄が大きく注目される場面がありそうです。

表1:おもな「LINE関連銘柄」18社

オプトホールディング <2389>
アドウェイズ <2489>
ネットイヤーグループ <3622>
ネオス <3627>
グリー <3632>
ボルテージ <3639>
エムアップ <3661>
メディアドゥ <3678>
ディー・エル・イー <3686>
メディア工房 <3815>
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム <4281>
イマジニア <4644>
サイバーエージェント <4751>
メディアシーク <4824>
フリークアウト <6094>
エイベックス・グループ・ホールディングス <7860>
GMOインターネット <9449>
カドカワ <9468>

※各社資料、報道等をもとにSBI証券が作成。銘柄掲載はコード番号順です。

■投資好機の「LINE関連銘柄」はコレ!?

表1ではおもな「ライン関連銘柄」を、やや網羅的にご紹介しましたが、この表だけですと投資対象の選定に迷うかもしれません。そこで表2ではスクリーニング条件を複数重ねることで銘柄を絞り込んでいます。

スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)過去1ヵ月(6/16現在)の株価上昇率が5%未満と、株価推移の面で過熱感が少ない銘柄
(2)予想PERが40倍未満で、バリュエーション面での割高感が相対的に少ない銘柄
(3)会社側が今期の営業利益について、増益を予想している銘柄

上記の全条件を満たす銘柄を(1)の株価下落率が大きい順に表にしたものが下の表2となっています。

アドウェイズ <2489> やディー・エル・イー <3686> 、フリークアウト <6094> など「LINE関連銘柄」の中には予想PERが100倍を超えている銘柄もあります。中小型株ですので成長性を評価すればPERが高くなることもありますが、さすがに100倍は割高感が警戒される水準とみられます。

なお、英国のEU離脱懸念等があり、株式市場全般は波乱の展開になっています。市場が堅調であれば「LINE関連」も、もっと株価が高かった可能性があります。「LINE関連株」の多くは欧州の動向や外為市場からの影響は受けにくいと考えられますので「ツレ安」している側面が強いと思います。その意味では、関連銘柄全般的に押し目買い好機になっている可能性もありそうです。

表2:投資好機「LINE関連銘柄」はコレ!?

メディアドゥ <3678> 1549円
GMOインターネット <9449> 1081円
メディア工房 <3815> 561円
イマジニア <4644> 923円
ボルテージ <3639> 1099円
エムアップ <3661> 551円

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。予想営業利益および予想純利益(PERに計算に使用)は会社予想(6/16現在)ベース

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

鈴木英之
SBI証券 投資調査部

最終更新:6/17(金) 19:50

ZUU online

チャート

LINE3938
4130円、前日比-5円 - 12/9(金) 9:44

チャート

オプトホールディング2389
719円、前日比-2円 - 12/9(金) 9:40

チャート

アドウェイズ2489
520円、前日比+2円 - 12/9(金) 9:43

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。