ここから本文です

藤田ニコルがソニー・ミュージックより歌手デビュー「まさか歌うというジャンルをやるとは思ってなかった」

エキサイトミュージック 6月17日(金)12時45分配信

ティーンから圧倒的な人気を誇り、今やテレビなどで見ない日はないくらい大活躍中のモデル・藤田ニコルが、ソニー・ミュージックより歌手デビューを発表。関係者に「にこるん、歌をやってみないか」と言われた時の心境を「まさか歌うというジャンルをやるとは思っていなかった……」と本人もビックリした様子。

すでにデビュー曲「Bye Bye」のレコーディングも終え、歌詞にも藤田ニコルの実体験や思っていることが詰め込まれており、「失恋をしちゃったけど、それでも頑張る、という女の子に向けた曲で、失恋しちゃった子も、そうじゃない子も楽しめる曲になっているので、元気になってくれたら嬉しいです」とコメント。

楽曲に関してはまだ公開されていないが、若い世代より支持されている藤田ニコルが、どのような形で曲を披露していくのか、今後の発表を楽しみに待とう。

【本人コメント】
まさか歌うというジャンルをやると思っていませんでしたが、今年2016年は、にこるんにとって新しい事に挑戦しよう!と前から思っていたので嬉しいです。
デビュー曲「Bye Bye」は失恋をしちゃったけど、それでも頑張る、という女の子に向けた曲で、失恋しちゃった子も、そうじゃない子も楽しめる曲になっているので、元気になってくれたら嬉しいです。
歌詞に関しても、私が本当思っていることを詰め込んで書いているので、皆で楽しんで聞いて頂けたらと思っています。

≪リリース情報≫
Debut Single
『Bye Bye』
2016.08.03リリース

【初回生産限定盤A】CD+DVD+フォトブックレットA
SRCL-9159~9160 / ¥1,667(税抜)
【初回生産限定盤B】CD+DVD+フォトブックレットB
SRCL-9161~9162 / ¥1,667(税抜)
【初回仕様限定盤】CD
SRCL-9163 / ¥1,204(税抜)

最終更新:6月18日(土)12時15分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。