ここから本文です

【速報】松山英樹が1日遅れのティオフ 谷原秀人は上位で1R終了

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月17日(金)22時35分配信

海外男子メジャーの今季第2戦「全米オープン」の2日目は、第1ラウンドの残りを現地17日午前7時30分に再開。初日はスタートできなかった松山英樹は同9時6分(日本時間同日午後10時6分)に1日遅れでティオフし、最初の1番をパーで滑り出した。

続々アップ! 「全米オープン」フォトギャラリー

松山がスタート時点の天気は曇りで、気温は約21度。正午からは晴れる見込みで、晴天は週末まで続く予報となっている。

初日を午前組から出た78選手は全員が第1ラウンドを終了。後半8番(パー3)から再開した谷原秀人は残り2ホールで1つ伸ばし、現時点で暫定ながらイーブンパーの11位タイとしている。宮里優作は3オーバー、池田勇太は5オーバーでホールアウトした。

大会初出場の谷原は「非常に素晴らしいラウンドだったので、内容的には100点満点だと思う」と、1バーディ、1ボギーのラウンドを評価した。再開ホールの8番では3Wで4mに付け、値千金のバーディ。最終9番では2打目をレイアップした後、約150ydの3打目をピンそば1mに絡め、粘り強くパーで締めた。「本当に耐えて、ガマンをして。拾って耐えるのが性に合っている」と、難コースで持ち味を存分に発揮している。

谷原の第2ラウンドスタート時刻は午後7時59分(日本時間18日午前8時59分)と、長い待機を強いられることになる。「眠くなるかもしれないけど頑張ります」と苦笑いで答えた。(その後、翌朝のスタートに変更)

なお、前年覇者のジョーダン・スピースは第1ラウンドを2オーバー「72」でホールアウト。4アンダー「66」で終えたアンドリュー・ランドリーが暫定首位に立っている。

最終更新:6月18日(土)3時33分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。