ここから本文です

CUBERS、加藤マニ監督の「STAND BY YOU」MVを公開

CDジャーナル 6月17日(金)16時30分配信

 「人力舎」の若手芸人とコラボレート・イベントを、6月2日、9日、16日の3週に亘り東京・JOL原宿にて開催し、最終日には芸人とメンバーをシャッフルして披露した漫才が好評を博した5人組ボーイズ・グループCUBERSが、今年2月の「Bi'Bi'Bi'」に続くニュー・シングル「STAND BY YOU」を7月20日(水)にリリース。発売に先駆け、YouTube(youtu.be/qXNkKh3gCK8)ではタイトル・トラックのミュージック・ビデオが公開されています。

 MVは「Bi'Bi'Bi'」に引き続き様々なアーティストのMVを手がける加藤マニがディレクションを担当。極小化したCUBERSが冒険を繰り広げる、人形劇仕立ての仕上がりとなっています。

 なおCUBERSは、「STAND BY YOU」リリース記念のツアー〈今日もまた歌いに行くので、今日もまた一つになろうTOUR〉を6月よりスタート。関東圏を中心に各地でのパフォーマンスが予定されています。詳しくはオフィシャル・サイト(cubers.jp)にてご確認ください。

最終更新:6月17日(金)16時30分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。