ここから本文です

<クリーピー 偽りの隣人>黒沢清監督のサスペンススリラー 日常の隣に潜む恐怖を描き出す

まんたんウェブ 6月17日(金)23時38分配信

 第15回日本ミステリー文学大賞で新人賞を受賞した前川裕さんの小説を、ホラーの巨匠、黒沢清監督が映画化した「クリーピー 偽りの隣人」が18日に公開される。西島秀俊さんが主人公の元刑事で犯罪心理学者の高倉を演じ、高倉が元同僚から依頼された一家失踪事件の分析に挑みつつ、自身も“奇妙な隣人”によって別の謎に巻き込まれていく……というサスペンススリラー。竹内結子さんが高倉の妻を演じており、“奇妙な隣人”を香川照之さん、そのほか東出昌大さん、川口春奈さんらが出演している。

【動画】映画「クリーピー 偽りの隣人」予告編

 元刑事の犯罪心理学者・高倉(西島さん)は、刑事時代の同僚である野上(東出さん)から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼される。しかし事件の唯一の生き残りである長女・早紀(川口さん)の記憶をたどるが核心にたどり着けずにいた。そのころ新居に引っ越した高倉と妻の康子(竹内さん)は、隣人一家にどこか違和感を抱いていた。病弱な妻と中学生の娘・澪(藤野涼子さん)を持つ主人の西野(香川さん)との何気ない会話に翻弄(ほんろう)される高倉夫妻。ある日、西野の娘・澪が、高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」という驚くべき事実を打ち明ける。未解決の一家失踪事件と隣人一家の不可解な関係に高倉が気づいたとき、康子の身に“深い闇”が迫っていた……というストーリー。

 タイトルの「クリーピー」とは「ぞっとする、ぞくぞくする」という意味。その名の通り、香川さん演じる“奇妙な隣人”はスクリーンに映っているだけで独特の不気味さを醸し出している。黒沢監督とは4度目のタッグとなる西島さんや香川さん、初参加の竹内さん、川口さん、東出さんらのせりふのいい回しは舞台演劇のようで、平凡な日常の風景の中でせりふが奇妙に浮き上がり、心理的な恐怖をじわじわと演出することに成功している。

 脚本は「東南角部屋二階の女」(2008年)で長編監督デビューした池田千尋さんと黒沢監督が共同執筆し、原作とは異なる展開で、奇妙な隣人に翻弄されるうちに闇に引きずり込まれる夫婦の恐怖を描き出した。また、黒沢監督とは名コンビのカメラマン、芦澤明子さんが監督こだわりのシネマスコープサイズの画面で日常に潜む闇を切り取った。こんな奇妙な隣人がいたら、康子のようにあっという間に闇に落ちてしまうかもしれない……。日常の隣に潜む恐怖を実感する秀逸なサスペンス作だ。映画は18日から丸の内ピカデリー1(東京都千代田区)ほかで公開。(細田尚子/MANTAN)

1/2ページ

最終更新:6月17日(金)23時47分

まんたんウェブ