ここから本文です

郡山で8月6~8日ジャーナリストスクール 池上彰さんが特別講師

福島民報 6月17日(金)9時51分配信

 子どもたちが復興に向けた動きを取材して新聞を作る「ジャーナリストスクール」は8月6日から8日まで福島県郡山市で開かれる。ジャーナリストの池上彰さんが特別講師を務める。
 県、ふくしまの学び実行委員会の主催、福島民報社などの特別協力。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から6年目に入った県内の現状を知り、考え、伝えることを通じて復興を担う人材を育てる狙い。
 小学5年生から高校3年生が対象で、定員は30人。復興・復旧、文化、スポーツの3分野で取材活動を体験し、現役の新聞記者から記事の書き方を学んで新聞を作成する。
 県郡山自然の家を拠点に2泊3日の日程で活動し、最終日はビッグパレットふくしまで新聞を発表する。池上さんが分かりやすい解説を交えて講評する。
 参加費は小学生4290円、中学・高校生は4390円。参加希望者は所定の申込書に記入し、7月5日までに県生涯学習課に申し込む。発表会の参観申し込みは7月13日まで。問い合わせは同課 電話024(521)7784へ。

福島民報社

最終更新:6月17日(金)10時1分

福島民報