ここから本文です

Cherry MX Blueキースイッチ搭載ゲーミングキーボード“ロジクール G610”が7月1日発売、パフォーマンスに特化したミニマルデザイン

ファミ通.com 6月17日(金)15時2分配信

●バックライトはカスタマイズ可能
 ロジクールは、Logicool GシリーズからCherry MX Blue キースイッチ搭載のメカニカルゲーミングキーボード「ロジクール G610 バックライト搭載メカニカルゲーミングキーボード(青軸)」を、2016年7月1日(金)よりロジクール オンラインストアおよびロジクール製品取扱店で発売する。ロジクールオンラインストアでの販売価格は17750円[税抜]。

 以下、リリースより。

----------

 ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech International の日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:ヘンリー・タン)は、世界中のe-Sports ファンから支持を集める「Logicool G」シリーズから、軽やかで確実な打鍵感とフィードバックのあるCherryMX Blue キースイッチ搭載のメカニカルゲーミングキーボード「ロジクール G610 バックライト搭載メカニカルゲーミングキーボード(青軸)」(型番:G610BL、以下G610BL)を7 月1 日(金)より、ロジクール オンラインストアおよび、ロジクール製品取扱店で発売します。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストア価格は17,750 円(税抜)となります。

≪G610BL の特徴≫
■パフォーマンスに特化したミニマルデザイン
 余分なデザインを省いたシンプルな筐体に、業界をリードするテクノロジーを集約。指紋が付きにくいマットな質感、編組ケーブルといったディテールの隅々にこだわり、あらゆる側面から緻密に設計されたゲーミンググレードキーボードです。また、裏面の高耐久ラバーパッドがずれや滑りをしっかり抑え、激しいゲームプレイを強力にバックアップします。

■Cherry MX Blue キースイッチ搭載(青軸)
 5,000 万回に及ぶ打鍵耐久テストをクリアしたCherry MX Blue キースイッチ(青軸)の搭載により、高速入力時の適度な打鍵感、底打ちの際の軽やかなスイッチ感及び、確実なフィードバックを体感することができます。*メディアコントロールにはCherry MX メカニカルスイッチを使用しておりません。

■カスタマイズ可能なバックライト
 ロジクールゲーミングソフトウェアを使用することで、キーのバックライト輝度と発光パターンを自由にカスタマイズすることが可能です。各キー個別のカスタマイズから、ゾーンごとに分けたカスタマイズなど、高度なバックライトのカスタマイズができます。*バックライトの色(白色)を変更することはできません。

■メディアコントロール
 専用のメディアコントロールにより、キーボード本体から音楽やビデオの再生、一時停止、ミュート、ボリュームダイヤルを使用しての音量調節などを瞬時に行うことができます*。
*メディアコントロールにはCherryMX メカニカルスイッチを使用しておりません。
 Cherry MX Blue キースイッチ搭載で、ミニマルデザインかつパフォーマンスに特化したメカニカルゲーミングキーボードであるG610BL は、ゲームに勝つことを追求したプレイと操作の快適性を思う存分楽しんでいただくことができる製品です。ぜひご期待くださいますようお願い申し上げます。

製品名(日本語):ロジクール G610 バックライト搭載 メカニカルゲーミングキーボード(青軸)
型番:G610BL
品番:920-008004
JAN コード:4943765044031
価格:オープンプライス
ロジクールオンラインストア価格:17,750 円(税抜)
発売予定日:2016年7月1日
保証期間:2年間
本体サイズ(幅×奥行き×高さ):443.5×153×34.3mm
本体重量:1,230g(ケーブル含む)
ケーブル長:180cm
カラー:ブラック
キーレイアウト:108キー日本語レイアウト
キー構造/デザイン:メカニカル*
キーピッチ:19mm
キーストローク:4.4mm
押下圧:50g
角度調節機能:有
ショートカットキー:バックライトスイッチ、ミュート、再生/一時停止、停止、前のトラック、次のトラック、ボリュームダイヤル
ゲームモードキー:有
複数キー同時押し:対応(最大26)
バックライト:対応(白色)
ソフトウェア:Logicool ゲーミングソフトウェア、ARX コントロール モバイルアプリ(iOS/Android)
その他機能:全キーアンチゴースト
必要システム:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、 USB 2.0 ポート
接続I/F:USB

最終更新:6月17日(金)15時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。