ここから本文です

アシアナ航空が乗客3億人突破 記念イベント開催へ

聯合ニュース 6月17日(金)16時38分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のアシアナ航空は17日、累計乗客数が先月20日に3億人を突破したと明らかにした。1988年の会社創立から28年での記録となる。

 同社は創立13年の2001年に累計乗客数1億人を達成。8年後には2億人を超え、そこから7年で3億人を超えた。

 国際線の年間乗客数は10年から6年連続で1000万人を超えている。

 同社は3億人突破を記念し航空券を特別価格で販売するなどさまざまなイベントを行う。

 まず、21~22日に金浦―済州線、仁川―済州線、釜山―済州線の人気路線を含む国内7路線の航空券を往復3万ウォン(約2670円、空港使用料など含む)で限定販売する。

 また、23~24日には成田、福岡、香港、フィリピン・マニラ、中国・青島、威海、煙台(以上、仁川間往復)、沖縄(仁川・釜山間往復)の国際線9路線の往復航空券を最低13万~19万ウォン(同)で提供する。

 さらに、同期間に同社ホームページで累計乗客数に関するクイズに正解すると抽せんで国際線無料往復航空券などの景品が当たる。

 イベント詳細は同社ホームページ(www.flyasiana.com)で確認できる。

最終更新:6月17日(金)17時15分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。