ここから本文です

ドアを開けるな! 『10 クローバーフィールド・レーン』公開

ファミ通.com 6月17日(金)23時1分配信

文:編集長 豊田恵吾

●サスペンス? 人間ドラマ? SF? ホラー?
 ついに2016年6月17日(金)から公開となったJ.J.エイブラムス製作の映画『10 クローバーフィールド・レーン』。タイトルアナウンスと同時に大きな話題となったのは、2008年に公開された『クローバーフィールド/HAKAISHA』との関連性。予告編では閉鎖空間での男女3人の人間ドラマが描かれているような内容ですし、手持ちカメラ主体による主観視点(モキュメンタリー)でもありません。でも、J.J,エイブラムスは「クローバーフィールドと血でつながった作品」と明言しています。まずは、下記にて予告編映像とストーリーを紹介しましょう。

●STORY
ある日、目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。

その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、ミシェルと同様にシェルターに連れてこられたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。

男は、本当に信用できるのか? それとも別の目的がある悪人なのか? 疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。

ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな! 皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。

シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

『10 クローバーフィールド・レーン』に怪物は登場するのか? 『クローバーフィールド/HAKAISHA』で明かされなかった怪獣の正体が判明するのか?

謎は深まるばかりですが、その答えはぜひ劇場でご自身の目で確かめてください。筆者はすでに劇場で観賞してきましたが、何を書いてもネタバレになってしまうので、ここではネタバレとは関係ない、ファミ通.comならではの要素について述べたいと思います。

『10 クローバーフィールド・レーン』は、Valve Softwareが開発を手掛け、2008年エレクトロニック・アーツから発売されたXbox 360用ソフト『Portal(ポータル)』とちょっとした関係があります。じつは『10 クローバーフィールド・レーン』の監督を務めるダン・トラクテンバーグ氏は、2011年にゲーム『Portal(ポータル)』を題材にしたショートムービー『Portal: No Escape』を公開しているのです。

 同作はYouTubeで公開後、24時間で100万回以上の再生数を記録。現在、1700万回以上視聴されているので、観たことがある方もいるのではないでしょうか。気になる内容ですが、記憶を失ったと思われる女性が“壁に向かって撃つと穴(ポータル)ができて、入るともうひとつの穴へ移動できるポータル銃”を使って、追っ手から逃げながら監獄の中からの脱出を目指すというもの。密室での人物描写、心情を掻き立てるドラマ性の高い演出が見事に表現されていることに加えて、短い時間ながら最後にはすばらしいオチもついています。

 ダン・トラクテンバーグ氏は、もともと映画、テレビゲーム、マンガに特化したネット番組“The Totally Rad Show”を共同制作するとともに、司会も務めており、web界のアカデミー賞と呼ばれるウェビー賞も受賞。Black Box TV製作のショートフィルム『More Than You Can Chew』では、ハリウッドがダン・トラクテンバーグ氏の才能を高く評価していました。そして、前述した『Portal: No Escape』の公開により、J.J.エイブラムス氏に見初められたというわけです。ちなみに、ゲームファンの多くの方がご存じの通り、J.J.エイブラムス氏はゲイブ・ニューウェル氏と共同で『Portal』と『Half-Life』の映画化を進行中。詳細はまだ語られていませんが、『10 クローバーフィールド・レーン』を観賞しながら『Portal』の映画化に想いを馳せる……という楽しみかたはゲーマーだけに許された特権ではないでしょうか。

●DATA
タイトル:10 クローバーフィールド・レーン(原題:10 Cloverfield Lane)
製作年:2016年
製作国:アメリカ
監督:ダン・トラクテンバーグ
製作:J・J・エイブラムス、リンジー・ウェバー
製作総指揮:ブライアン・バーク、ドリュー・ゴダード ほか
原案・脚本:ジョシュ・キャンベル マット・ストゥーケン ほか
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ミシェル)、ジョン・グッドマン(ハワード)、ジョン・ギャラガー・Jr.(エメット)
配給:東和ピクチャーズ
上映時間:104分
2016年6月17日より全国ロードショー

最終更新:6月17日(金)23時1分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。