ここから本文です

【公式】SNS騒動の俳優キム・ミンス、サッカー韓国代表ユン・ビッカラムに謝罪

WoW!Korea 6月17日(金)23時22分配信

 サッカー韓国代表MFユン・ビッカラム(26、中国・延辺FC)の“悪口メッセージ騒動”を起こした韓国俳優キム・ミンス(32)が謝罪をした。

ユン・ビッカラムの紹介と写真

 キム・ミンスは17日午後、所属事務所を通じて「不始末に対してお詫びする」とし、「瞬間的に理性を失い、意図しない言葉が出てしまった。ユン・ビッカラム選手とファンに深くお詫びする」と明らかにした。

 ユン・ビッカラムは17日、自身のInstagramに「これは、最近ドラマ『マイスイートホーム ~我が家のはちみつの壷~』に出ている演技者キム・ミンスという人の文章です。皆さん、どのように考えますか? 」というコメントと共に、一枚の写真を掲載した。

 キャプチャー写真で公開されたメッセージには、誹謗中傷する言葉や人身攻撃の発言が並んでいる。「朝鮮族たちとボール遊びでも真剣にやれ」、「汚い顔しやがって」など、ユン・ビッカラムと彼が所属するチーム(中国・延辺FC)のサポーターに向けて、強い口調と差別用語を使いながら罵倒する内容だ。

 ユン・ビッカラムは「選手は、誰でも自分のチームやサポーターの悪口を言われた気分が悪い。僕はただ、僕のサポーターに汚い言葉を浴びせるのが許せないだけ。僕だって、気分が良いわけがない。過ちは必ず制裁しなければならないと思っただけ」と明かしていた。



 以下、謝罪文全文。


 俳優キム・ミンスです。
 まずは、朝起きた不始末に対してお詫び申し上げます。
 絶対的に私の過ちです。
 瞬間的に理性を失い、意図しない言葉が出てしまいました。
 深く反省しています。
 ユン・ビッカラム選手と傷付けてしまった全ての方々に改めて深くお詫び致します。
 申し訳ありません。

最終更新:6月17日(金)23時22分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。