ここから本文です

マリリン・マンソンがクレイジーな殺し屋を演じる映画、来月プレミア

BARKS 6月19日(日)13時18分配信

マリリン・マンソンが殺し屋を演じる映画『Let Me Make You A Martyr』が、来月、カナダ・モントリオールで開かれる<Fantasia International Film Festival>で世界初上映されることが決まった。

◆マリリン・マンソン画像

マンソンは、養子に迎えた反抗的な息子と娘を殺すよう父親に雇われたPopeという名の殺し屋を演じているという。これまで何度もTVドラマや映画に出演してきた彼だが、「こんなに大きな役は初めてだ」と、『Rolling Stone』誌に語っていた。「脚本だと、俺は半分出っ放しだって言っていい。どう仕上がったかはわからないが」

『Let Me Make You A Martyr』はCorey AsrafとJohn Swabが監督。虐待的な父親はTVドラマ『Sons Of Anarchy』(2014年)でマンソンと共演したMark Boone Juniorが演じている。

予告編を見る限り、マンソンは見事、不気味な殺し屋になりきっているようだ。彼は以前も映画『Wrong Cop』で、上手くオタクな音楽ファンを演じており、メタル界1の演技派との呼び名が高い。

『Let Me Make You A Martyr』は7月22日に<Fantasia International Film Festival>でプレミアされる。

Ako Suzuki

最終更新:6月19日(日)13時18分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。