ここから本文です

【更新】産経が報じたやらせ疑惑に反論 ピースボート「取材なかった」→記事削除・謝罪

BuzzFeed Japan 6月17日(金)11時38分配信

産経新聞のニュースサイト「産経ニュース」で配信された記事が波紋を広げている。【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

問題の記事は『TBS番組「街の声」の20代女性が被災地リポートしたピースボートスタッフに酷似していた?! 「さくらじゃないか」との声続出』。

東京・新橋駅前であったTBSの情報番組の街頭インタビューに答えた女性が「被災地・熊本をレポートしたピースボートの女性と酷似していることが16日、分かった」と記している。

この記事の中で、街頭インタビューの中身を紹介した。次の都知事が誰がいいのかと聞かれた女性が「蓮舫さんとか女性にどんどん活躍してもらいたいという気持ちがある」と語っている。

ネット上では、この女性が以前、同じ番組でインタビューを受けていたピースボート災害ボランティアセンターの女性スタッフであるとする声があがり、産経ニュースでは「『さくらか?』 『やらせではないか』とTBSの報道姿勢を疑問視する声が続出している」とネットの噂を紹介した。

BuzzFeed Newsは、ピースボート災害ボランティアセンターの山本隆代表理事に取材した。

山本代表理事は「そもそもツイッターで広がった噂が間違っている。指摘されている女性スタッフは熊本県で支援活動を続けており、熊本にいるんですね。新橋駅前の街頭インタビューがあったとされる時間に東京にいるわけない。東京にいないのにどうやって答えられるのか」と否定した。

山本さんはさらに続ける。「17日午前、産経新聞さんに対して正式に抗議をしました。記事の削除、訂正記事の掲載を求めています。産経新聞さんからこの女性が本人なのか、という確認もない。取材が足りないのではなく、まったく取材もなかった」

BuzzFeed News が産経新聞の広報担当者に問い合わせたところ、「文書で質問項目を送ってほしい」と返答があった。質問を3点にまとめて送った。

・本当にピースボートに取材をしていないのか
・確認をしなかった理由はあるのか
・今後、この記事を訂正される予定はあるのか

午後4時過ぎに産経新聞社広報部からFAXで回答が届いた。以下が、その回答全文だ。

「個別の記事についてはお答えできません。一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターからの抗議に対する回答は産経ニュースに掲載しましたのでご参照ください」

産経「取材すべきだった」

産経ニュースを確認したところ、午後3時49分付けで「ピースボート災害ボランティアセンターへの回答書」という記事が配信されていた。

「当該記事は6月16日にインターネット上で話題になっていた事象を記事化したものです。ご指摘通り、記事化する際、TBSおよびテレビ朝日に取材するだけでなく、貴団体にも取材すべきだったにもかかわらず、これを怠っておりました」

「貴団体およびスタッフに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします」

「取り急ぎ、当該記事は産経ニュースおよび関連サイトから削除しました。代わって貴団体の抗議文を掲載しております」

最終更新:6月17日(金)18時16分

BuzzFeed Japan

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。