ここから本文です

【MLB】イチロー「最高のチームメイト」から祝福の嵐「非現実的」「非の打ち所なし」

Full-Count 6月17日(金)7時10分配信

仲間たちは素直に祝福「どこでプレーしたかは関係ない」

 日米通算4257安打(NPB1278本、MLB2979安打)の偉業を打ち立てたマーリンズのイチロー外野手について、球団公式サイトがチームメイトの祝福の声を紹介している。42歳のベテラン外野手は15日(日本時間16日)の敵地パドレス戦で2安打を放ち、ピート・ローズの持つ歴代最多安打記録(4256本)を上回った。日米合算の安打数ということで米国でも記録の捉え方に様々な意見が出ているが、チームメイトたちは素直にその偉業を称えている。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 主砲ジャンカルロ・スタントン外野手は「非現実的だよ。彼がキャリアを通じて何をしてきたか、ということの表れだ。特に今年はね。ピート・ローズを追い越したんだよ。信じられないことだ。日本と米国を比べることは難しい。ただ、プロフェッショナルはプロフェッショナル、ということ。彼の取り組みは非の打ち所なしだ。彼のことを思うと嬉しいよ。称賛に値する、間違いなく」とコメント。「自分はみんなが見ていないものを見ているんだ――隠れた準備や、全てをね。彼の年齢を考えれば、言葉では語り尽くせないよ」とも語ったという。

 また、ヤンキース時代もチームメイトだったマーティン・プラド内野手は「自分にとって、個人的にではあるけど、彼へのリスペクトは尽きることはないね。どこでプレーしたかは関係ない。日本だろうが、米国だろうが、関係ない。未だに打ち続け、試合でプレーをして、健康なままだ。彼はキャリアを通じて安定している。なんにせよ、マイナーだろうが、このヒット数は信じがたい」と驚嘆している。

驚嘆の声「毎日誰かの記録を打ち破っているようなもの」

 ジャスティン・ボーア内野手も記事の中でその記録の数々に驚愕しており、「正直なところ、彼は毎日誰かの記録を打ち破っているようなものだよ。決して同じことではないのは知っているし、色々と議論もあるだろう。どちらにせよ、信じられない偉業だ。彼がどんな取り組みをしてきたのか、その証だ」とコメントしている。

 またヤンキース時代からのチームメイトであるデービッド・フェルプス投手は「僕は幸運なことに、ニューヨークでは未来の殿堂入り選手たちとプレーすることができた。多くの若手選手がいるチームにとって、本当に重要なことなんだ。日々、殿堂入り選手を目の当たりにできる。優秀になるために欠かせないこととは何なのか、それを目にすることができるんだ」と、イチローとのプレーがいかに貴重かについて語っている。

 イチロー自身、偉業達成後の記者会見では「去年このチームに来て、1年一緒にやって、今年メンバーが少し変わったんですけど、チームメイトとしては最高のチームメイトとハッキリ言える」と語っている。そんな仲間からの祝福の嵐。イチローにとっても何よりのプレゼントに違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月17日(金)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]