ここから本文です

マレー「まあまあな試合だった」 順当に8強入り<男子テニス>

tennis365.net 6月17日(金)10時50分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は大会4日目の16日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのA・マレー(英国)がA・ベデネ(英国)との同胞対決を6-3, 6-4のストレートで制し、順当にベスト8進出を決めた。

マレー シャラポワ「処分当然」

マレーは第1セットの第1ゲームでこのセット唯一のブレークポイントをしのぐと、第8・第9ゲームを連取してセットカウント1-0とする。

第2セットも勢いに乗るマレーは第3ゲームでブレークに成功し、ゲームカウント2-1とリード。しかし、続くゲームでベデネにブレークバックを許したマレーだったが、第7ゲームで再びベデネのサービスゲームを破り、1時間23分のストレートで勝利を決めた。

「まあまあな試合だったと思う。1回戦より長いラリーがかなり多く、とても違う展開の試合だった。彼(ベデネ)とは初対戦だったし、彼の芝でのテニスを見たことがなかったから、この試合は簡単ではなかった」とマレーは試合を振り返った。

ベスト4進出をかけて、マレーはK・エドモンド(英国)と準々決勝で対戦する。エドモンドはこの日に予定していた2回戦でP・H・マチュー(フランス)と対戦する予定だったが、マチューが手首の怪我のため試合直前に棄権を申し入れ、不戦勝でベスト8進出を決めていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月17日(金)10時50分

tennis365.net