ここから本文です

SNS発展の生き字引「めいこにし」が振り返る ここ10年のインターネット環境の変化

SENSORS 6/17(金) 15:30配信

きゃりーぱみゅぱみゅを発掘した雑誌「HR」の初代広告塔を務め、アメブロ高校生部門で常に首位に立つなど早くからネット界で名を馳せた、めいこにしさん。 “SNSの王者“といっても過言ではなかった彼女。SNSの生き字引といえる彼女に、ここ10年間ほどのSNS環境の変化を尋ねた。

知名度アップのきっかけはmixi

SNS利用者の先頭を生き抜き、素直な文章で「伝える」ことに固執してきためいこにし。 読者モデルとしてブロガーとして同世代から圧倒的な支持を集め、自分のありのままをさらけだしながらも幸せオーラを絶やさない彼女の魅力とは。


こにし: 2006年にmixiが流行りはじめて、その波にのりました。 イベント企画や共通の趣味の人を集めることのできる『コミュニティ』を利用して「BBQ大会~君なしじゃ夏は始まらない~」などといった遊びを企画しました。 すると、いろんな学校の子たちが当日300人も集まったんです!その日からリアルの購読者数が1000人に到達して、次の日には1500になって。 気楽な気持ちでやっていたのに急に負担になったのを覚えています。

--まずはmixiのコミュニティーでイベントを主催したのがきっかけで「めいこにし」という名前が知れ渡ったんですね。

こにし: そうみたいです。 2007年にアメブロを始めました。 SNSの流行に敏感だった私は、アメブロのサービスが開始してすぐにブログを開設したのですが、まだ周りはあまり使っていなかったんです。 現在のTwitterのように個人のちょっとしたつぶやきを記録するリアルにアメブロのリンクを貼って、リアルの購読者が皆アメブロに移行したので一気にアメブロ女子高生ランキングで1位を獲得しました。 この頃、ブログに流入する検索ワードをチェックしたら「めいこにし」って検索している人がすごく多くて、普通の女子高生なのに名前だけがSNSで一人歩きし始めているなと自覚しました。

--いきなり、読者モデルのような立ち位置になったような感じだと思いますが、不安はありましたか?

こにし: その後、2010年雑誌でも「HR」の第一号の広告塔に選んで頂きました。 そのときが「めいこにし」の名前が知れ渡った最盛期だと思います(笑)。 もちろん有名になるにつれて辛いこともありました。でも、たくさんファンレターや、好意的なメッセージに励まされました。

--SNSならではですね。知名度だけでは1位は持続できなかったと思いますが、人気ブロガーとして心掛けていたことはありますか?

こにし: アメブロは本当に日記のようにありのままネガティブなことも書くようにしていました。いっつも楽しそうにしてるだけじゃなく、弱音もはいたり。

1/2ページ

最終更新:6/17(金) 15:30

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]