ここから本文です

131億光年先に「酸素」があった! アルマ望遠鏡が観測成功 宇宙の謎解明へ

sorae.jp 6月17日(金)11時5分配信

大阪産業大学、東京大学、国立天文台のチームは131億光年先の銀河で「電離した酸素ガス」を観測したと発表しました。これだけ離れた場所での酸素の発見は史上初となり、さらにこの発見は宇宙の謎「再電離」を解明する手がかりとなりうるそうなんです!
 
今回研究チームは、くじら座の方向にある銀河「SXDF-NB1006-2」をアルマ望遠鏡で観察しました。アルマ望遠鏡とはチリにある「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計」の略称で、数十台のアンテナを組み合わせることでミリ波、サブミリ波を観察する一つの巨大な宇宙望遠鏡として利用することができます。そして観察の結果、酸素の光を検出することに成功しました。

宇宙には未だ解き明かされていない謎「宇宙再電離」があります。まず、宇宙は誕生時には粒子が電離した状態でした。しかし宇宙が膨張するにつれてその内部は冷えていき、そして誕生から約40万年後には電離がおさまったとされています。ところが宇宙に天体ができるとまたしても電離が起き(宇宙再電離)、その状態が今でも続いているのです。この再電離を起こした天体は何なのかが、これまで謎となっていました。
 
そして今回見つかった約131億年前の銀河に存在する「電離した酸素ガス」は、時期的にはちょうど宇宙に再電離が起きたタイミングに相当します。ですので、この再電離を起こした原因が何なのかを検証する有力な手がかりとなる可能性があるのです。
 
最近は重力波の2度目の観測に成功したり、宇宙の大部分を占めるダークマターとダークエネルギーについて新しい仮説が提唱されたりと、宇宙の成り立ちについての研究が盛んです。私達はどこから来たのか…という根源的な疑問も、いずれ解き明かされる日が来るのかもしれませんね!

最終更新:6月17日(金)11時5分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]