ここから本文です

【動画解説】関東で少雨続く ダムの貯水率低下

ウェザーマップ 6月17日(金)15時10分配信

 関東甲信地方に、少雨に関する情報が発表されました。関東北部では、今後2週間程度も雨の少ない状態が続く見通しです。関東のダムの貯水率は低いままとなるおそれがあります。

 18日(土)は広い範囲が梅雨の晴れ間で、厳しい暑さになるでしょう。19日(日)は、雨が降るのは西日本が中心で、関東は晴れる見込みです。

 天気図をみても、梅雨前線は日本の南海上で途切れています。南海上で張り出す太平洋高気圧の勢力が、平年よりも強いためです。今後も、日本付近は太平洋高気圧の影響を受けやすい傾向が続くでしょう。

 そのため、関東北部は、この先も雨の降る日が少なくなりそうです。来週の中ごろに雨の降る予想があるものの、少雨の状態を解消するような雨量にはならないでしょう。

 関東各地のダムの貯水率は低い所が多くなっています。8つのダムの合計貯水率は、17日(金)正午現在で38%ほど。これは、例年のこの時期の半分以下の値です。節水を心がけましょう。(気象予報士・國本未華)

最終更新:6月17日(金)17時41分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。