ここから本文です

共英製鋼、異形棒据え置き

日刊産業新聞 6月17日(金)12時10分配信

 異形棒鋼最大手の共英製鋼は16日、7月販売分の異形棒鋼価格を全事業所(枚方・名古屋・山口)とも据え置くと発表した。異形棒鋼市場では5月中に鉄スクラップ価格が大幅に下落した影響を受けてゼネコンなど需要家が発注を控えているが、同社では「RC造が直近では前年同月比でプラスに転じるなど今後の建設需要について明るい兆しも出ている」とし、秋口以降の需要回復を見据えながら安定した製品市況の形成を目指すという。

最終更新:6月17日(金)12時10分

日刊産業新聞