ここから本文です

メルセデス・ベンツ、開発コード「463」を冠したGクラス特別仕様車を発表 ~最高出力630PSの究極のオフローダー~

オートックワン 6月17日(金)19時49分配信

メルセデス・ベンツ日本は、 「Gクラス」の特別仕様車「Mercedes-AMG G 63 Edition 463 / G 65 Edition 463」を発表し、6月17日より注文の受付を開始する。なお、納車開始は2016年9月以降を予定している。

メルセデス・ベンツ、開発コード「463」を冠したGクラス特別仕様車を発表 [フォトギャラリー]

台数は、G 63が93台(designoミスティックホワイトII 52台/オブシディアンブラック41台)、G 65は3台の限定販売となる。

Gクラスは1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続け、一時的な流行とは無縁の強烈な個性と圧倒的なオフロード性能により、登場から37年を経た現在も強いこだわりを持つユーザーに支持されている、四輪駆動の頂点を極めたモデルである。

「Mercedes-AMG G 63 Edition 463 / 65 Edition 463」は、 Gクラスの中でも圧倒的なパフォーマンスを誇る「G 63 / G 65」をベースモデルとしており、Gクラスの開発コード「463」に冠するにふさわしい特別仕様車。

「G 63」には、最高出力571PS/420kW、最大トルク760Nmを発揮する5.5リッターV8 直噴ツインターボエンジンを搭載し、また「G 65」に搭載されている6.0リッター V12ツインターボエンジンは最高出力630PS/463kW、最大トルク1,000Nmを誇り、プレミアムSUVとして最もパワフルなモデルとなる。

「Mercedes-AMG G 63 Edition 463 / G 65 Edition 463」は究極のオフローダーとしての“圧倒的な走破性”と“スポーティ”という個性を強調する特別装備を内外装に採用した特別仕様車で、エクステリアは、フロントにステンレスアンダーカバー、サイドにはダークアルミニウム調ストリップラインとAMGスポーツストライプ(デカール)を採用している。

さらに、通常モデルでは提供していない21インチの専用デザインAMG5ツインスポークアルミホイールが足元を引き締めている。

インテリアには、厳選した素材をふんだんに使用した「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」に加えて、専用のカーボン調デザインを施したレザーシートとAMGカーボンファイバーインテリアトリムを組み合わせ、特別感溢れるスポーティな室内空間を演出している。

「Mercedes-AMG G 63 Edition 463」には、「designoミスティックホワイトII」と「オブシディアンブラック」の2色を設定し、いずれも21インチホイールにはマットブラックを採用した。

「Mercedes-AMG G 65 Edition 463」には、「designoグラファイト」の外装色に、セラミックポリッシュホイールを組み合わせ、コントラストが際立つ、スタイリ ッシュな印象を高めている。

価格(消費税込)は、Mercedes-AMG G 63 Edition 463が2160万円、G 65 Edition 463が3672万円となる。

最終更新:6月17日(金)19時49分

オートックワン