ここから本文です

アン・ハサウェイ、国連の親善大使に就任!

ELLE ONLINE 6月17日(金)18時56分配信

6月15日(水)、国連組織「UNウィメン」のプムズィレ・ムランボ・ヌクカ事務局長はアン・ハサウェイを親善大使に任命することを発表。

これまでも女性や少女の権利について長い間、活動を続けてきたというアン。局長は「母親であることが、職場における男女の不平等を知らず知らずのうちに露わにしている」「アンの任命はとてもタイムリー。今年の『UNウィメン』は、職場における男女の平等を確立し、支援することに前向きな考え方を育み、実践的な施策を講じていこうと思っています」とコメント。働く母親としてのアンの視点も生かしたい、という姿勢を見せたそう。
アンは男性も女性も育児休暇が取得できるように取り組み、育児支援サービスなどを推進していく予定とか。

アン本人も声明で親善大使になった意気込みを表明。「ジェンダー間の平等を進める手助けをする機会が与えられたことを名誉に思い、鼓舞されている」「すでに大きな進歩が見られるけれど、今は団結してさらに努力していくとき。そして確実に真の平等が実現するときです」と語っているそう。

真面目なアンだから、ママとしての立場を生かしつつ精力的に活動していってくれるはず。今後の活躍に期待したい!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月17日(金)18時56分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。