ここから本文です

12年ぶり 10本マッチしのぎ金星飾る<男子テニス>

tennis365.net 6月17日(金)15時5分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、グラス、ATP500)は大会4日目の16日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク41位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)が第7シードのJ・イズナー(アメリカ)を3-6, 7-6 (18-16), 7-6 (9-7)の逆転で下す金星を飾り、準々決勝進出を決めた。

この試合、43本のサービスエースを記録したイズナーは、第2セットのタイブレークで6本のマッチポイントを握りながらも取りきれなかった。

対するミュラーは5度目のセットポイントをものにすると、勝敗の行方は第3セットへともつれた。

第3セット、5度のブレークポイント全てをしのいだイズナーと、安定したサービスゲームを展開し1度もブレークポイントを与えなかったミュラーの戦いは、再びタイブレークへ突入。このタイブレークでも4本のマッチポイントをイズナーに握られながらも、それを退けたミュラーが2時間25分の接戦を制し、準々決勝へ駒を進めた。

先週行われたリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、グラス、ATP250)で今季初の決勝進出を果たし、準優勝を飾っていたミュラーはこの試合で合計10本のマッチポイントをしのいで勝利を飾った。

これは2004年のオーストリアはキッツビューヘル大会でR・シュトラー(ドイツ)がA・セッピ(イタリア)を3-6, 7-6 (15-16), 6-0で下して以来となる10本のマッチポイントをしのいでの勝利となった。

また、この日の第2セットのタイブレークは、1997年のAEGON選手権準決勝でG・イバニセビッチ(クロアチア)がG・ルゼッドスキ(英国)を4-6, 6-4, 7-6 (20-18)で下した試合に次ぐ長いタイブレークとなった。

ミュラーは2大会連続となる準決勝進出をかけて、B・トミック(オーストラリア)と準々決勝で顔を合わせる。この日トミックは、F・ベルダスコ(スペイン)を6-7 (2-7), 6-4, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月17日(金)15時5分

tennis365.net