ここから本文です

「要対策」踏切1479か所の「カルテ」を国交省が公表

乗りものニュース 6月17日(金)17時19分配信

「開かずの踏切」の約7割が関東に

 国土交通省は2016年6月17日(金)、全国1479か所の踏切を「緊急に対策の検討が必要な踏切」として抽出。さらに新たな試みとして、これら踏切の現状を可視化した「踏切安全通行カルテ」を、鉄道事業者と道路管理者が作成したと発表しました。

 2007(平成19)年4月に国土交通省は、全国1960か所の踏切を「緊急に対策の検討が必要な踏切」としてすでに抽出していましたが、その後の対策の反映や、通学路踏切の追加などを踏まえ、リストを更新したものです。

 今回、「緊急に対策の検討が必要な踏切」として抽出された1479か所の内訳は次のとおりです(重複指定あり)。

・開かずの踏切(ピーク時1時間あたりの遮断時間が40分以上):532か所
・自動車ボトルネック踏切:408か所
・歩行者ボトルネック踏切:599か所
・歩道が狭隘な踏切:164か所
・通学路要対策踏切:159か所
・事故多発踏切(直近5年以内に2回以上の事故が発生):83か所

 ちなみに「開かずの踏切」532か所うち、およそ7割に相当する371か所が、関東地方整備局および関東運輸局管内の1都7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)に存在しています。

山手線唯一の踏切も「緊急に対策の検討が必要な踏切」に

 今回、鉄道事業者と道路管理者によって、「緊急に対策の検討が必要な踏切」のひとつずつについて、諸元や対策状況、交通量、事故発生状況などをまとめた「踏切安全通行カルテ」も作成されました。

 たとえば山手線にある唯一の踏切「第二中里踏切」(東京都北区)のカルテには、「踏切長13.5m」「横断本数2本」「交差角54度」といった諸元をはじめ、「通学路指定状況あり」「ピーク時遮断時間47分」など細かい情報が記載されています。

「今後の対策方針/対策推進上の課題」欄は、「これまでにカラー舗装等の対策を実施しており、過去5年間に踏切歩行者事故及び道路交通歩行者事故は起きていない。引き続き、道路管理者及び鉄道事業者にて状況を確認していく」という内容です。

 国土交通省はこの「踏切安全通行カルテ」について、現状を可視化しつつ対策方針などもまとめたものであり、今後の対策実施にあたっての基礎になるものとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月17日(金)19時28分

乗りものニュース