ここから本文です

月9ヒロイン役で大ブレイク!藤原さくらが異例の9冠達成。配信チャートでTOP3独占ランクインも。

E-TALENTBANK 6月17日(金)17時20分配信

2016年6月13日(月)に最終話を迎えたフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』。このドラマにヒロイン役“佐野さくら”として抜擢された20歳のシンガーソングライター、藤原さくらの楽曲がレコチョクランキングを席巻している。

主演の福山雅治が作詞・作曲を手掛けたドラマ主題歌「Soup」、劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」、そしてカバー曲「500マイル」といった楽曲がレコチョクのさまざまなダウンロードランキングで1位を獲得、ロングヒットを続けている。

さらに、スマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」におけるプログラム再生ランキングが1位となり、ダウンロードでも、ストリーミングでも1位という計9冠の快挙を達成した。

この快挙を受けて、藤原さくらから、喜びのコメントが届いた。
 
 
【藤原さくら コメント】
レコチョクでたくさんの人に曲を届けられていることが本当に幸せです!
是非いっぱい聴いて下さい!ありがとうございます!!
藤原さくら

最終更新:6月17日(金)17時20分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。