ここから本文です

浦和、厳しくもV争いへ仕切り直し 18日アウェー広島戦、残り3節

埼玉新聞 6月17日(金)10時30分配信

 未消化だったG大阪戦で今季初の連敗を喫し、J1第1ステージ制覇が厳しくなった暫定3位の浦和は一夜明けた16日、中2日で迎える第16節のアウェー広島戦(18日・EDス)に向けて移動し、コカコーラウエスト広島スタジアムで調整した。前節出場停止だった森脇が合流し、高木も遠征に帯同しているため、G大阪戦のベンチ入りメンバーと合わせて20選手で練習した。ランニング、ボール回しなど全体練習は約40分で終了。その後もほとんどの選手が居残りで体を動かした。柏木はジョギングなど別メニュー。

 浦和は残り3試合。残り2試合の首位川崎とは勝ち点7差で、2位鹿島とは6差。次節に川崎が福岡に勝てば、浦和は広島に勝ってもステージ優勝の可能性が消える。

 広島とのJ1通算対戦成績は26勝4分け16敗。アウェーでは11勝3分け9敗。ミシャ監督就任後の4年間は5勝1分け2敗と得意にしているが、昨季はアウェーで引き分け、7月のホーム戦は1―2で敗れて開幕からの無敗記録を止められた。

最終更新:6月17日(金)10時30分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。