ここから本文です

イバノビッチが準々決勝でガルシアと対戦へ [マヨルカ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6/17(金) 16:32配信

 スペイン・マヨルカ島で開催されている 「マヨルカ・オープン」(WTAインターナショナル/6月13~19日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス2回戦で、第3シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)がワイルドカード(主催者推薦枠)のサラ・ソリベス トルモ(スペインを6-1 6-0で倒してベスト8に進出した。

日比野菜緒は1回戦で第7シードに敗退 [マヨルカ・オープン]

 イバノビッチはファーストサービスでは7ポイントしか落とさず勝利し、今季3度目の準々決勝で第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)と対戦する。ガルシアはアンナ レナ・フリードサム(ドイツ)を6-4 7-6(8)で下しての勝ち上がり。

 ガルシアは過去3度の対戦でイバノビッチを破っているが、グラスコートでは初対戦となる。

 そのほかの試合では、キルステン・フリプケンス(ベルギー)と予選勝者のベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)が勝ち上がり、準々決勝で対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 26: Ana Ivanovic of Serbia hits a forehand during the Ladies Singles second round match against Kurumi Nara of Japan on day five of the 2016 French Open at Roland Garros on May 26, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/17(金) 16:32

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]