ここから本文です

セリーナら ウィンブルドン女子歴代優勝者<女子テニス>

tennis365.net 6月17日(金)21時59分配信

ウィンブルドン

6月27日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)。テニストーナメントで最も歴史のある大会で、見事優勝を飾った女子の歴代選手を振り返る。

ウィンブルドン 男子歴代優勝者

ウィンブルドンの女子シングルスでは、元世界ランク1位のM・ナブラチロワ(アメリカ)が持つ9度の優勝が歴代最多記録。

ナブラチロワは、数ヶ月間A・ラドワンスカ(ポーランド)のコーチに就任していた。

世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は、過去の同大会で6度目のタイトルを獲得。昨年の優勝で、1968年のオープン化以降 四大大会で女子史上最年長記録、さらに自身2度目となるグランドスラム4大会連続優勝の「セリーナ・スラム」を達成させた。

今年は、大会2連覇と7度目の優勝を狙う。


【過去20年の女子歴代シングルス優勝者】

2015年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:G・ムグルサ(スペイン)

2014年
優勝:P・クヴィトバ(チェコ共和国)
準優勝:E・ブシャール(カナダ)

2013年
優勝:M・バルトリ(フランス)
準優勝:S・リシキ(ドイツ)

2012年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:A・ラドワンスカ

2011年
優勝:P・クヴィトバ
準優勝:M・シャラポワ(ロシア)

2010年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:V・ズヴォナレーワ(ロシア)

2009年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:V・ウィリアムズ(アメリカ)

2008年
優勝:V・ウィリアムズ
準優勝:S・ウィリアムズ

2007年
優勝:V・ウィリアムズ
準優勝:M・バルトリ

2006年
優勝:A・モレスモ(フランス)
準優勝:J・エナン(ベルギー)

2005年
優勝:V・ウィリアムズ
準優勝:L・ダベンポート(アメリカ)

2004年
優勝:M・シャラポワ
準優勝:S・ウィリアムズ

2003年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:V・ウィリアムズ

2002年
優勝:S・ウィリアムズ
準優勝:V・ウィリアムズ

2001年
優勝:V・ウィリアムズ
準優勝:J・エナン

2000年
優勝:V・ウィリアムズ
準優勝:L・ダベンポート

1999年
優勝:L・ダベンポート
準優勝:S・グラフ(ドイツ)

1998年
優勝:J・ノボトナ(チェコ共和国)
準優勝:N・トージア

1997年
優勝:M・ヒンギス(スイス)
準優勝:J・ノボトナ

1996年
優勝:S・グラフ
準優勝:A・サンチェス=ビカリオ(スペイン)

tennis365.net

最終更新:6月17日(金)21時59分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]