ここから本文です

NYにある、不動産王ドナルド・トランプのゴージャス過ぎるペントハウスを公開!

ELLE ONLINE 6月17日(金)20時40分配信

アメリカの大統領選挙で共和党候補に選ばれた、不動産王のドナルド・トランプ。彼が主に居住するニューヨークのペントハウスは1980年代初期、伝説的なデザイナーのアンジェロ・ドンジアがインテリアデザインを担ったものだそう。細部にわたるトランプ邸分析およびファミリーのゴージャスな暮らしぶりをお届け。

トランプタワー

ドナルド・トランプの家族が主に過ごしているのは、ニューヨークのセントラルパークに隣接する、725 Fifth Avenueにある高級レジデンス、トランプタワーの最上階だ。

ドナルド・トランプの現在の家族は?

3度目の結婚で結ばれた24歳年下の妻メラニアと息子バロンくんと暮らすドナルド。この高級アパートメントのカラーパレットは、ゴールド、ベージュ、ローズカラーと温かみのあるニュートラルカラーでまとめられている。

息子のおもちゃも高級志向

トランプの高級志向はどこまでも徹底しており、バロンくんのおもちゃでさえ、大型のSUV車、コンバーチブルタイプの「メルセデスベンツ」、ほんの数人しか乗せることのできない飛行機などがずらりと並ぶ。

ニューヨークを見渡す窓からの絶景

トランプタワーの最上階(58階)に位置するペントハウスからの眺望は、セントラルパーク、ニューヨークの5つのブロックすべて、それにお隣のニュージャージー州までもが見渡せる絶景だ。

トランプの妻メラニアの仕事机

2010年からTVショッピングのQVCで、自らデザインを手がけるジュエリーコレクションを販売している妻メラニア。彼女の仕事机は、ジュエリーのスケッチをするために使われる。

繊細なガラスや大理石の小物がずらり

ドナルドとメラニアは、息子バロンくんにとってかなり心の広い両親に違いない。子どもがすぐにでも壊しそうなガラスや大理石でできた小物があちこちに並んでいる。
(Translation & Text:Yo Douglas)

from US版エル・デコ

最終更新:6月17日(金)20時40分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。