ここから本文です

フェデラー4強、19歳ズベレフとの準決勝へ<男子テニス>

tennis365.net 6月17日(金)22時34分配信

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は17日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が第5シードのD・ゴファン(ベルギー)に6-1, 7-6 (12-10)のストレートで勝利し、ベスト4進出を果たした。

この試合、フェデラーは第1セットをあっさり先取するも、第2セットは2度のブレークを許して第10ゲームでゴファンのサービング・フォー・ザ・セットを迎える。

ここでフェデラーがブレークバックに成功、その後はセットポイントを握られる苦しい中でタイブレークの末に勝利を手にした。

両者は今回が5度目の対戦で、フェデラーは5連勝とした。

準決勝ではノーシードから勝ち上がった19歳のA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

一方、敗れた25歳のゴファンは、今年の全仏オープンでグランドスラム初のベスト8進出を果たす活躍を見せた。

また、15日に第2シードの錦織圭(日本)は左脇腹の負傷によりシングルス・ダブルスともに棄権。予選を勝ち抜いた杉田祐一(日本)は2回戦でA・セッピ(イタリア)にストレートで敗れた。

tennis365.net

最終更新:6月17日(金)22時34分

tennis365.net