ここから本文です

秩父鉄道で人身事故 ヘッドホンの男性はねられ死亡…遮断機ない踏切

埼玉新聞 6月17日(金)22時30分配信

 17日午後2時20分ごろ、埼玉県熊谷市瀬南の秩父鉄道「12号踏切」内で、男性が影森発羽生行き上り普通列車(3両編成)にはねられ、頭などを強く打って死亡した。

 熊谷署によると、死亡したのは熊谷市の男性会社員(32)。男性の所持品から身元が判明した。現場は警報機と遮断機の付いていない「第4種踏切」。線路を横切る道路の幅は約2・2メートル。歩行者と自転車用の踏切で、境界にはポールが5本立っていた。

 男性はヘッドホンを装着しており、ジョギング中の可能性もあるという。同署で原因を調べている。

最終更新:6月18日(土)6時20分

埼玉新聞