ここから本文です

来季から“正式”に加入 FC東京内定の法政大学DF「ここがゴールではありません」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月17日(金)20時0分配信

今季は特別指定選手としてプレイ

FC東京は16日、DF山田将之が来季より加入することを発表した。

現在21歳の山田は青森山田高校卒業後、法政大学に進学。2015年には全日本大学選抜にも選出されており、今年の3月からはJFA・Jリーグ特別指定選手としてFC東京に加入している。また、同クラブではJ3リーグを戦うFC東京U-23で、FC琉球戦など3試合に出場を果たしている。

来季からはプロ契約としてFC東京への加入が決まった山田はクラブ公式サイトを通じて、「来季からFC東京に正式に加入させていただくことになりました。プロサッカー選手になることは幼い頃からの夢だったので、心からうれしく思います」と話し、「また、いつも支えてくれる家族、指導者、チームメイト、これまで私に携わってくださった多くの方々には言葉で言い表せないほど深く感謝しています」と感謝を伝えた。

しかし山田は「ここがゴールではありません」とコメント。「また新たなスタートという気持ちを持って、日々努力していきたいと思います。FC東京の一員という高い意識を持って、残りの大学生活も頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

クラブが「身体能力の高さを活かした打点の高いヘディングで攻守両面において制空権を握り、1対1での対人プレイにも強さを発揮するディフェンダー。優れた危機察知能力とカバーリングでピンチを未然に防ぎ、攻撃時には正確なロングフィードで局面を打開する」と評価するディフェンダーはJ1の舞台でも輝くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月17日(金)20時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報